料理に欠かせない道具

長持ちするフライパンの選び方

長くお気に入りのフライパンを使う

食材がくっつくと汚れが落ちにくくなったり、焦げ付きやすいのでおすすめできません。 そのようなフライパンを使っていても、すぐに使えない状態になるでしょう。 そこで、コーティングされているフライパンを選択してください。 食材がくっつくといった問題点を解消できます。

links

コーティングされている

食材がフライパンにくっつかないように、コーティングされているものがおすすめです。
すると、長期に渡ってフライパンを使用できると言われています。
またくっつきにくいフライパンは、焦げにくいです。
ですから料理が苦手な人でも、使いやすいでしょう。
食材を焦がしてしまうとおいしく食べられませんし、食材の無駄になってしまいます。
焦がさないよう、きちんとコーティングされているフライパンを選んでください。

鉄製のフライパンも、くっつきにくいので長く使用するのにおすすめです。
使用する前に、油ならしをしておきましょう。
事前に油を万遍なく回し入れて慣らすことで、フライパンが焦げ付きにくくなります。
ステンレス製のフライパンも使いやすいですし、炒めるだけでなく油で揚げる時にも活用できるので1つ持っていると便利です。
汚れがすぐに落ちるので、お手入れしやすい面もステンレスのメリットです。

フライパンを長持ちさせるには、自分のお手入れ方法も重要です。
せっかくコーティングされているフライパンを選んでも雑に扱っていると、すぐにコーティングが剥がれてくっついたり焦げ付きやすくなってしまいます。
コーティングが取れないように、柔らかいスポンジで丁寧に洗ってください。
油がついたフライパンの場合は、お湯に浸けておくのがいい方法です。
洗ったらすぐに乾いた布巾で拭くことで、錆の予防になります。
このような対策で、フライパンは長持ちすると覚えておきましょう。

鉄やステンレスのフライパン

丈夫で焦げ付きにくいので、鉄製のフライパンが長持ちすると言われています。 長く使えるように、油ならしといった作業も怠らないでください。 お手入れがしやすいので、ステンレス製のフライパンも人気があります。 それぞれのメリットを知って、選びましょう。

日頃のお手入れも重要

せっかくいいフライパンを買ったとしても、お手入れを全くしていなかったり間違っていると早く寿命を迎えてしまいます。 長持ちさせるためには、努力が大切だと覚えておきましょう。 汚れたら、すぐに洗うことが基本です。 どうしても落とせない汚れは、お湯に浸けてから洗いましょう。

TOPへ戻る