料理に欠かせない道具

長持ちするフライパンの選び方

鉄やステンレスのフライパン

油ならしを済ませておこう

火に強いので、鉄製のフライパンを使う人が多いです。
食材に万遍なく火が通るので、料理をおいしく作れるでしょう。
長持ちさせるためには、油ならしという作業が重要です。
料理に使う前に、油ならしを行ってください。
作業は簡単で、油を多めに入れた状態でフライパンを火にかけるだけです。
油が馴染むと煙が出てくるので、そのタイミングで火を止めてください。

使用した油は、オイルポットに戻して料理の時に使用しましょう。
油ならしをすることで、さらに食材が焦げ付きにくくなります。
全体に油を回していないと、そこだけ焦げやすくなってしまうので注意してください。
少し手間が掛かりますが、この最初の手間が非常に重要です。
忘れずに行いましょう。

汚れが落ちやすいステンレス

ステンレス製のフライパンのメリットは、汚れが落ちやすいという面です。
簡単なお手入れでいいので料理の初心者や、面倒なお手入れが苦手な人に向いています。
基本的なお手入れさえ行っていれば、長持ちさせられるでしょう。
選択する際は、多層と表記されているものを買ってください。
ステンレスの弱点は、熱伝導性が低い部分です。
それでは料理を作る時に困るので、最近の製品は何層も重ねて熱伝導性を高くしています。

3層から5層のフライパンは多いですが、層が多ければ多いほど熱が通りやすく、冷めにくいのでおすすめです。
ステンレス製のフライパンは食材を焼いたり炒めたり、厚みがあるものだったら揚げたり煮ることもできるので万能です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る